東京の東と西の健康格差

荒川と杉並こんなに違った!

今回は一度やってみたかった西側と東側の健康についての比較についての話でした。やはり西に行かないとダメだろうということで、メンバーの勤める中野区大和町のやまと診療所をお借りして開催。商店街を通って辿り着くロケーションで日本のインドと呼ばれる高円寺は最高です。こういう雰囲気は荒川にはないなあ。参加者は16名で新しい方もちらほら来ていただき、かなり盛り上がりました。


最初の演者は荒川区東日暮里在住の水橋さん。高齢社会エキスパート(一般社団法人高齢社会共創センター認定)でもあるすごい85歳!スマホをあやつり、各地の医療施設を熟知しており、行政の審議会にも意見するご意見番です。健康にも気を使っており診察券30枚所持はギネス記録並!

杉並と荒川の両方に暮らした経験を持つ水橋さんがおすすめするのは足立区!女子医大移転の影響もあり、いろいろと利点が多いそうです。でも荒川区にいてほしい!
2番手はこちらも荒川が誇る介護エキスパート石黒さん。終活を意識して生活する68歳、自称アルチュハイマー病です。こちらは介護認定についてのお話。要介護者は下町に多く、荒川、台東、葛飾、江東など、もともと住んでいる高齢者ですが、85歳以上は以外に少ないらしい。これは医療の問題か施設が少ない事情なのか。
石黒さんは社会性をもって高齢期を過ごすことが大事だと話し、今日行く、今日用を作って外に出ようとのことでした。杉並と荒川の収入格差の話も出て、コミュニティの出来方にも違いがあることがわかりました。
懇親会は高円寺純情商店街の中の町中華!なんとランチにはコーヒー無料!おいしくいただきました。
最後まで残ったメンバーたち。医師、会社員、理学療法士、老人ホーム入居者、訪問薬剤師、新聞記者、職業不明、デイサービス管理者、医療機器メーカー勤務など多種多様な参加をいただきました。
今度は夕方に立ち寄れるカフェを開き健康相談でもやってみようかなどと話しておりました。秋には不健康学会も?またご参加よろしくお願い申し上げます。

下町不健康学会Facebookページ

第2回下町不健康⁈学会

 

今回のテーマは「今の65歳は健康か?」でした。

高齢者の入り口である人たちがどんな生活を送っているのか、健康なのかそれとも不健康なのかを知りたいと思ったのが動機です。医療機関にはあまり来ない層はどんなことを考えているのか。

まずwebでアンケートを募集しました。回収できたのは33件で60歳代の回答は25件です。ほぼ1ヶ月の募集期間でした。あまり伸びなかったのは、この年代がスマホを使っていても、告知などができるメディアがなかったためかなと思います。もう少し地元の回覧板や新聞などの活用も必要でした。
アンケートに答えてくださった方はほぼ健康であり、地域活動に積極的なアクティブな層でした。それほど生活への不安もなく、引退後に地域コミュニティへのデビューもスムーズだったようです。どうしたらこのようにうまくいくのかは分からなかったため、それらは今後の調査の課題です。
行えたインタビューは3件のみでした。なかなか時間が合わず調整が難しかったのですが、主な理由としてリタイアした方々の自由な時間は昼間だということを忘れていたためです。インタビューするメンバーは土日か夜しか動けない、まだ現役なので。。今後もう少し昼間の時間をつくりながら数を増やしていこうと思います。
調査としてはもの足りないもので、参加された方の中にはがっかりされた方もおられるかもしれず、コンセプトの甘さが露呈してしまいました。当初考えていた、「シニア層は考えているほど健康を気にしておらず不健康であるという予測」よりも、比較的健康な層で外に出てくる人たちしか捕まらなかったという結果でした。
 
後半は「100年時代のライフシフト」と題して、自分が老後も楽しく暮らしていくためにどんなことができるかを小グループで話し合いました。生産的資産活力資産変身資産の観点から、自分がどんな資産を持っているかを書き出してみました。変身資産とは、仕事とは違う分野に飛び立つに当たって何が足りないかというもので、私は緻密さや経済観念などを挙げました。自分がこれまでやってきたものを活かしながらも、別の自分になれたら楽しいだろうな〜と妄想しました。
 
懇親会はもんじゃ。12名の参加でいつも行く、浜作もんじゃ会館に行きました。浜作もんじゃは美味しかったし、たくさん参加者の方々と交流できました。
詳しい資料などについてはもう少し煮詰まってから公開したいと思います。

認知症カフェをつくるには?

うすうす感じていたわけですが、
やはり行政主導による認知症キャンペーンはうまくいっておらず、
いわゆる認知症カフェは1回から2回で頓挫してしまっているらしいです。

今回話していただいた猪早さんの小規模多機能施設、笑美里.
もとは自宅を改造して始めたとのこと。
旦那さんもご家族もいつの間にか巻き込まれたようです。
認知症カフェも全くそう銘打ったわけではなく、
コーヒーを出したくて始めたらいつの間にか…とか。

そうはいっても彼女の指導は厳しそうです。
認知症の方と話すときは、まず聞かないことだそうです。
素人はつい年齢を聞いたりしてしまうので、とても困った顔をする
こちらがコミュニケーションと思っていることもあちらには詰問に過ぎないわけです。

医療福祉関係者は全滅だと思いました。どうしても与えようとしてしまい、ニーズを探ろうとするのが使命だと思っているので、そこから離れられないでしょう。

暮らしの保健室の秋山さんも同じようなアプローチを取っている気がします。
患者の身になって行動することができる、プロな仕事。
誰しもできることじゃないなーと話し合います。
でも、わかってしまえば難しくない。

ではどうやっていくか。
医療機関が運営する問題点は何か
サポーター講座は意味がないのか

いろいろ考えることはありそうです。
次回は地域包括の方が話しますので、
その辺の現状がわかるはず。


0 コメント

3月8日 荒川生協診療所

大船渡市地域活動支援センターの大関輝一さんを迎えて被災地支援のお話。参加者は10名でした。初めに大関さんから大船渡市の現状についてお話いただきました。津波対策、仮設住宅、町の復興、支援のしかた、今後の展望など様々東京にいたら知ることのない内容で後半ワールドカフェの時間がなくなり、自己紹介で終わってしまいましたが、震災に対する思いは皆さん強くあり、こうやって今後とも関心を持ち続けようと話し合いました。またこういった会が持てればいいなと思います。
スタッフ 菅野哲也、斉藤康之、鈴木佳奈子、鈴木比有万、土井絵里子