ふらっと寄れる居場所録音

先日のワークショップの録音ができました。

ご興味ある方はぜひ下のリンクからどうぞ。

 

ふらっと寄れる居場所をつくろう

ふらっと寄れる居場所をつくろう

日曜日の朝早くから来ていただいた12名の方々。家庭医、研究者、理学療法士、老人ホーム入居者、がんサバイバー、医療事務、訪問看護師、ライター、会社経営者など多岐に渡ります。今回は上記のテーマでしたが、まる福のこれまでの活動から実際に場づくりにどう進んでいくかという具体的な話でした。家庭医として地域志向ケアを行うことが地域で働く上で必要だという考えで活動していましたがどうも違うのではないか。そもそも医師が地域のことをまるで知らないし、医師に生活はあるのかという疑問すら湧いてきます。家庭医が地域コミュニティ活動をするという取ってつけた感ではなく、自分がそこで暮らしている住民として何ができるか、そこに必要なものはなにかという視点で場をつくりたいという思いを話しました。

ふれあい館
会場となったふれあい館。冬はほっとサロンやっています。

ファシリテーターはまたまた広石さんにお願いしました。都内でも有数の自治体でさまざまなファシリを行なっているのでこんな小さな会でお願いするのは大変申し訳なかったのですが、私の小さな活動に賛同していただいてなのか本当にありがたいです。実は広石さんの活動の始まりがブロムリバイボウへの思いだったとお聞きして納得が行きました。ロンドンのイーストエンド、もともと教会であった場所で125を超える地域住民の活動メニューが行われ、貧困に苦しむ人たちに住居を紹介したり、仕事がみつかったり、診療所を中心に健康維持の運動が展開されたりしており(現在では900越え)すぐに作れるものではないのですが、そんな場所が東京や日本中にあったらいいだろうなあと思わせられます。

後半時間は短かったのですが、自分の地域にこんなものがあったらいいなと思うものをそれぞれ考えていただきました。その内容はまた後日ご報告(京都?)しますが、本当にそれぞれの思いが詰まったものが多く出ていました。少しご紹介すると、

  • 5−6人で打ち合わせできるスペース
  • コーヒーがいつでも飲める
  • ブリッジができる!
  • 自分がしゃべりたいことを話せる もしくは しゃべらなくてもいられる
  • スマホの設定がしてもらえる
  • 就活の相談ができる
  • 足のつめを切ってもらえる

どうです、面白くありませんか?

どうも話し合いの時間が短くなってしまいます(公共施設はむずかしい)が、終わった後は近くの食堂でごはん。こうち食堂日日是好日というとてもかわいらしいカフェです。高知出身の姉妹さんがやっていて、お昼はうみ定食とやま定食の2種類、私はうみのぶり照り焼きにしました。初めて土佐の人が作った土佐煮というのを食べました!

いつも通りバタバタとした会になってしまいましたが、キックオフの会としては非常に充実した会となりました。地域で場を作り、そこで医療を展開する。今年はその夢に向かってぐいぐいと進んでいきたいと思います。次回のカフェをお楽しみに!

0 コメント

さささハロウィン

10/15 さささカフェ

出場はマッサージのエッグさん、米粉クッキー持ってきてくれたみよちゃん、タロット占いのろてんちゃんでした。お客は水橋さん、さっちゃん、てっちゃん、あるチュはいまーさん、ふじちゃんなどいつものメンバーで楽しかったです。

米粉クッキーが美味しくて
たくさん試食してしまいましたが、アレルギーのある子でも食べられる安全なおやつ、とても愛がこもっていると思いました。今回初めてさささカフェに出張してくれたのですがまたきて欲しいです〜。

かくいう私は今回もエッグさんのマッサージを受けて気持ちよくなり、さーちゃんが入れるカフェ・オ・レを堪能し、さらにはろてんちゃんのタロット占いをしてもらいました。ズバリ仕事について占ってもらったのですがなんとも当たっているような絵柄でドキドキ。

来月は19日。さーちゃんが巣鴨菊まつりやらシャッター書きで忙しいらしく年内最後かも。荒川で愉しみたい人みんな来てください!

まる福ホームプロジェクト

みなさん、こんにちは。
2011年秋にに荒川区でなんでも話せる医療コミュニティを作ろうと思い立ち、あらかわカフェという小さな語り場を立ち上げてから、はや7年が経とうとしています。

長かったような短かったような、人の変遷はありつつなんとか継続しているのは、サードスペースを自分が求めているからにほかありません。仕事場と家庭以外にほっとできる場がほしい、できたら仕事自体をそっちにむけたいなどという野望を持ってきました。

医療に対話が必要、コミュニケーションの不足が言われながらも、医療自体は先進医療に向かい医者の仕事はAIロボットにとって代わられるかもしれない。患者さんは話を聞いてもらえないと嘆き、がん患者が相談できる場所はまだまだ足りない。地に足をつけた医療をするには何かを突破しなければダメだと思います。

今回。まる福プロジェクトのメンバーでじっくり話しあうために場所を選びました。とびきり居心地が良くて、自分の作りたいものに近い場所が見つかりました。そこは洗濯機が置いてあって、カフェでくつろぎながらなんでもできる場所でした。1階であることはとても強みで、あーなにしているのかなあが外から見える、安心して入ることができる、押し付けないサードプレイスだと思います。

みんなが安心して訪れることができる医療施設、少し相談できて雑談もできて、困ったら何かを紹介してくれる、やることをみつけることができる場所を作りたいと思っています。そこに必要なものは何か、いろいろとリストをあげていますがまだまだ未完成です。どうしたら都会でも落ち着ける場がつくれるか、もっと考えていきたいと思います。

それにはみなさんの力が必要です。我こそはという方、ぜひお願いします、一緒にやりましょう。

足りないもの
・医療事務の経験者または志望者
・看護師でコミュニティ志向性の高い人
・設計、リノベーションに詳しい人
・なんでもいいから盛り上げてくれる人

よろしくお願いします!


東京の東と西の健康格差

荒川と杉並こんなに違った!

今回は一度やってみたかった西側と東側の健康についての比較についての話でした。やはり西に行かないとダメだろうということで、メンバーの勤める中野区大和町のやまと診療所をお借りして開催。商店街を通って辿り着くロケーションで日本のインドと呼ばれる高円寺は最高です。こういう雰囲気は荒川にはないなあ。参加者は16名で新しい方もちらほら来ていただき、かなり盛り上がりました。


最初の演者は荒川区東日暮里在住の水橋さん。高齢社会エキスパート(一般社団法人高齢社会共創センター認定)でもあるすごい85歳!スマホをあやつり、各地の医療施設を熟知しており、行政の審議会にも意見するご意見番です。健康にも気を使っており診察券30枚所持はギネス記録並!

杉並と荒川の両方に暮らした経験を持つ水橋さんがおすすめするのは足立区!女子医大移転の影響もあり、いろいろと利点が多いそうです。でも荒川区にいてほしい!
2番手はこちらも荒川が誇る介護エキスパート石黒さん。終活を意識して生活する68歳、自称アルチュハイマー病です。こちらは介護認定についてのお話。要介護者は下町に多く、荒川、台東、葛飾、江東など、もともと住んでいる高齢者ですが、85歳以上は以外に少ないらしい。これは医療の問題か施設が少ない事情なのか。
石黒さんは社会性をもって高齢期を過ごすことが大事だと話し、今日行く、今日用を作って外に出ようとのことでした。杉並と荒川の収入格差の話も出て、コミュニティの出来方にも違いがあることがわかりました。
懇親会は高円寺純情商店街の中の町中華!なんとランチにはコーヒー無料!おいしくいただきました。
最後まで残ったメンバーたち。医師、会社員、理学療法士、老人ホーム入居者、訪問薬剤師、新聞記者、職業不明、デイサービス管理者、医療機器メーカー勤務など多種多様な参加をいただきました。
今度は夕方に立ち寄れるカフェを開き健康相談でもやってみようかなどと話しておりました。秋には不健康学会も?またご参加よろしくお願い申し上げます。

下町不健康学会Facebookページ

3月8日 荒川生協診療所

大船渡市地域活動支援センターの大関輝一さんを迎えて被災地支援のお話。参加者は10名でした。初めに大関さんから大船渡市の現状についてお話いただきました。津波対策、仮設住宅、町の復興、支援のしかた、今後の展望など様々東京にいたら知ることのない内容で後半ワールドカフェの時間がなくなり、自己紹介で終わってしまいましたが、震災に対する思いは皆さん強くあり、こうやって今後とも関心を持ち続けようと話し合いました。またこういった会が持てればいいなと思います。
スタッフ 菅野哲也、斉藤康之、鈴木佳奈子、鈴木比有万、土井絵里子